「ほっ」と。キャンペーン

フライラウム18 シンポジウム イン 富津 オープニングパーティー

2010 7月17日オープニングパーティーが開かれました。
a0134771_12343217.jpg

オープニング会場の様子

a0134771_108983.jpg

富津市長 佐久間清治氏 あいさつ。

a0134771_10112283.jpg

富津市文化協会会長 吉本充氏 あいさつ。

a0134771_1059782.jpg

名司会 参加作家 吉本伊織氏。
参加作家 平出俊氏 乾杯あいさつ。

a0134771_111742.jpg

参加作家 須永健太郎氏(オリジナル楽器)と山本裕輔氏(ジャンベ)の演奏。

a0134771_12163873.jpg

参加作家 廣中 薫氏の一言。 
参加作家 ヘアベルト・エッガー氏の閉幕のあいさつ。 翻訳:参加作家 繁田直美氏。
[PR]
# by freiraum | 2010-07-31 10:15 | フライラウム18 オープニング 

制作の様子

いよいよ制作期間も大詰め。
明日から展示が始まります。

Freiraum 18 Symposium in Futtu
展示:7月17日(土)~7月19日(月・祝)
◆17日(土)14:00~16:00 オープニングパーティー

お運びください。

<制作の様子>

a0134771_17353774.jpg

a0134771_1735547.jpg

a0134771_1736823.jpg

a0134771_17362592.jpg

a0134771_17382818.jpg

a0134771_17384323.jpg

a0134771_17385763.jpg

a0134771_17401913.jpg

a0134771_17404638.jpg

a0134771_17475537.jpg

a0134771_17405972.jpg

a0134771_17411989.jpg

[PR]
# by freiraum | 2010-07-16 17:59 | 2010 フライラウム18 

「フライラウム18 シンポジウム イン 富津」 のご案内

2010年7月「フライラウム18 シンポジウム イン 富津」が開催されます。

作家滞在制作:2010 7月 3日(土)~7月16日(金)
展示:2010 7月 17日(土)~7月 19日(月祝)
   オープニング・パーティー:17(土) 14:00~16:00

会場:牧井ステンレス株式会社千葉営業所敷地内レジデンス棟
293-0052千葉県富津市宝竜寺111 


参加者:
阿部シゲル(日本)、Christine Bauer(AUSTRIA)、Herbert Egger(AUSTRIA)
Steve Hilton(U.S.A.)、平出俊(日本/U.S.A.)、牧井優(日本)、繁田直美(日本)
須永健太郎(日本)、竹村 滋(日本)、吉本伊織(日本)

自由参加:
廣中 薫(日本)、小峯巧也(富津市在住/日本)

主催:フライラウム

後援:富津市、オーストリア大使館、アメリカ合衆国大使館
協力:牧井ステンレス株式会社、マキイマサルファインアーツ


フライラウムブログ:http://freiraumsymposium.blogspot.com/ 
http://freiraum.exblog.jp/
a0134771_0111862.jpg
a0134771_014977.jpg

[PR]
# by freiraum | 2010-05-30 19:01 | 2010 フライラウム18 

フライラウム17 イン 浅草橋 のご案内

a0134771_828227.jpg
a0134771_856421.jpg

Freiraum17 in Asakusabashi
フライラウム17 イン 浅草橋

会期:11月27日(金)~12月9日(水)
オープニングパーティー 27日(金)18:00~20:00
30分程度のギャラリートークを予定しています。

主催:フライラウム17実行委員会  協力:牧井ステンレス株式会社、マキイマサルファインアーツ
後援:オーストリア大使館

2009年7月11日から26日まで、千葉県富津市にある牧井ステンレス株式会社千葉営業所において「フライラウム17シンポジウム イン富津」が開かれました。ここには日本から4名、スペインから2名、オーストリアから2名の美術家が参加し、その土地から得たインスピレーションをもとに自由な表現活動を繰り広げました。
「フライラウム」とはドイツ語で「自由な場所」を意味し、国を超えた美術家の交流を目的とする芸術家集団名です。各国の美術家が2週間ほど共同生活して作品を制作するシンポジウムを、毎年、世界各国で巡回しています。参加作家どうしや地域の人々との関りを通して互いに文化の違いを知り、また一方で共有部分を感じ取る。そしてその共有部分を基盤としながら、さらに異なる部分を育てていく。それが、異文化が共存していくための最も有効な手段なのではないでしょうか。
このたび、富津で制作された作品およびその関連作品と、新しく三人のアーティストを迎え、「フライラウム17イン浅草橋」として東京のマキイマサルファインアーツにおいて展示することとなりました。ここには常に自由な発想と表現の場があります。そしてそれが、新たな文化を創りあげて行くエネルギーになっていくと私たちは考えます。ぜひご高覧くださるようお願いいたします。


阿部 千花世      Chikayo Abe
阿部 シゲル      Shigeru Abe
浜田 涼        Ryo Hamada
平出 俊        Suguru Hiraide
小峰 巧也       Takuya Komine
オティリア マーティン Otilia Martin
牧井 優        Masaru Makii
エリック ノボゼル  Erich Novoszel
アティラ ピラー   Attila Piller
竹村 滋        Shigeru Takemura
ウワンマ ビダール   Juanma Vidal

フライラウムブログ: http://freiraumsymposium.blogspot.com/  http://freiraum.exblog.jp/


マキイマサルファインアーツ
〒111-0053 
東京都台東区浅草橋1-7-7
TEL/FAX:+81-3-3865-2211
http://www.makiimasaru.com

MMAKII MASARU FINE ARTS
1-7-7 Asakusabashi Taitou-ku
Tokyo 111-0053 Japan
http://www.makiimasaru.com

a0134771_8384255.jpg

[PR]
# by freiraum | 2009-11-17 09:30 | フライラウム17 イン 浅草橋

謝辞

a0134771_22265898.jpg

「フライラウム17 シンポジウム イン 富津」も皆様のお陰をもちまして無事に終えることが出来ました。協力して下さった牧井ステンレス株式会社、マキイマサルファインアーツ、後援して下さったオーストリア大使館、富津市と市民の皆様方,遠方の所お出でいただいた皆様方、そして陰ながら支えてくださった皆様、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。また、お会いできますよう。

                         フライラウム17 シンポジウム実行委員会

[PR]
# by freiraum | 2009-09-13 22:09 | 謝辞